セミナー詳細
無償
オンライン
EMC

第11回 – 講義5 高速デジタル/EMCエンジニアのための今日から使える高周波の基礎知識

モーデックでは今年もWEBセミナーを展開しています。半導体や電子部品の各種モデリングサービスやツール類、アナログから高周波まで幅広いモデリング技術やモデルベースデザインを推進するための技術をご紹介し、様々な産業の皆さまのElectronics設計にお役に立つご提案をしていきます。
11月25日、26日の2日間に拡大し、下記のウェブセミナーをお送りします。

高速化が進むデジタル通信や高周波に対応したノイズ対策が必要なEMC設計の分野では、高周波技術を活用した回路開発が不可欠になってきています。しかしながら、高周波回路は分布定数回路や電磁界解析など専門的な知識を習得する必要があり、ハードルが高い技術分野でもあります。
今回のウェビナーでは、今後の回路設計に必要な高周波の基礎知識をわかり易くご紹介します。

資料のダウンロードおよび動画を視聴するには、当サイトのアーカイブページへアクセスするために、事前にユーザー登録/ログインが必要です。

開催概要

日時
2021年11月26日(金)
15:00〜
(40分)
場所
オンライン 配信
講師
島田 寛之
(取締役)

セミナー概要

第1章

イントロダクション

  • そもそも高周波とは?
  • 信号波形 vs 周波数

第2章

高周波の基礎知識

  • 高周波回路の特徴
  • 高周波でよく使われる単位
  • 特性インピーダンスとは
  • 高周波コネクタの種類と扱い方

第3章

Sパラメータの基礎

  • Sパラメータ
  • スミスチャートの使い方

第4章

差動伝送路評価

  • ミックスドモードSパラメータ
  • 差動伝送路のインピーダンス
  • 差動伝送路の評価例

第5章

モーデックのソリューション紹介

  • 測定/評価サービス
  • EMCノイズ対策支援