回路設計をより効率化するための回路シミュレーションやモデルの有効活用方法や、モーデックならではのモデリング技術、EMCの適用方法、劣化モデリングの有効性、等をウェビナ-で定期的にお届けします。
当社のウェブセミナーは、原則、ZOOMを使用しております。
規定でZOOMの使用が難しい場合は、WebEXのご案内もしておりますので、
ZOOM以外をご希望の場合は、お手数ですがお問合せからお知らせください。
第14回 – 講義2・スイッチング電源回路のシミュレーション検証事例
講師: 田中 稔
 ...

合計20講義のWEBセミナーを開催

2020年7月から開始したWEBセミナーですが、毎回多くの皆さまにご視聴いただきました。
今までの講義をオンデマンドで視聴できるサイトをオープンしています。
講義のPDFファイルもDownload可能です。

開催概要

セミナー概要

セミナー名
講義1 PSpiceの高度な機能とMoDeCHモデリング技術のご紹介
担当講師
田中 稔 (株式会社モーデック シニアモデルエンジニア)
第14回 – 講義1・パワーデバイスにおけるスイッチング特性の高精度モデル化
 ...

合計20講義のWEBセミナーを開催

2020年7月から開始したWEBセミナーですが、毎回多くの皆さまにご視聴いただきました。
今までの講義をオンデマンドで視聴できるサイトをオープンしています。
講義のPDFファイルもDownload可能です。

開催概要

セミナー概要

セミナー名
講義1 PSpiceの高度な機能とMoDeCHモデリング技術のご紹介
担当講師
田中 稔 (株式会社モーデック シニアモデルエンジニア)
第13回 講義4 グラフ数値化による電気回路設計の効率化ー図面やPDFからワンクリックで数値データ化が可能!
 ...

合計20講義のWEBセミナーを開催

2020年7月から開始したWEBセミナーですが、毎回多くの皆さまにご視聴いただきました。
今までの講義をオンデマンドで視聴できるサイトをオープンしています。
講義のPDFファイルもDownload可能です。

講義4でご案内するRODEMは、様々なグラフ画像から任意のグラフ線を読み取り、無数の数値プロットデータとして取得することができる自動グラフ数値化ツールです。
デジタルトランスフォーメーションに移行するための基本的な設計管理データを生成する上で大変有用なツールとなります。数値データに変換することで、グラフの分析や定量的な評価が可能となり、様々な業界でも応用が可能です。

開催概要

セミナー概要

セミナー名
講義4 グラフ数値化による電気回路設計の効率化ー図面やPDFからワンクリックで数値データ化が可能!
担当講師
木村 隼人 (株式会社モーデック セールスエンジニア)
第13回 講義3 パラメトリックパッシブSPICEモデルの紹介とバイアス依存モデルの重要性
 ...

合計20講義のWEBセミナーを開催

2020年7月から開始したWEBセミナーですが、毎回多くの皆さまにご視聴いただきました。
今までの講義をオンデマンドで視聴できるサイトをオープンしています。
講義のPDFファイルもDownload可能です。

パッシブデバイスの理想素子からベンダーモデルを使ったボード回路設計まで行う通常の設計フローでは、回路特性の劣化量予測が難しく、また適切なベンダーモデルを探す手間がかかります。講義3では、モーデックからパラメトリックパッシブSPICEモデルをご紹介します。

開催概要

セミナー概要

セミナー名
講義3 パラメトリックパッシブSPICEモデルの紹介とバイアス依存モデルの重要性
担当講師
櫻庭 養一 (株式会社モーデック 高周波エキスパート)
概要

第1章 アクティブ・デバイスとパッシブ・デバイスの違い

パッシブ・デバイスモデルの概要についてお話しします。

第2章 パッシブ・デバイスのデータシートにある仕様の解釈について

インダクタとキャパシタを例にとり、サプライヤーのデータシートに記載されているバイアス依存性などの重要特性を紹介します。

第3章 インダクタ、キャパシタの重要特性と回路特性の関係

2章で紹介しましたパッシブ・デバイスの重要特性の回路特性への影響についていくつか事例を示してご紹介します

第4章 パラメトリック・パッシブSPICEモデルを用いた設計フロー改善のご提案

パッシブデバイスの理想素子からベンダーモデルを使ったボード回路設計まで行う通常の設計フローでは、回路特性の劣化量予測が難しく、また適切なベンダーモデルを探す手間がかかります。モーデックからの新しいツールとフローをご提案します。

第13回 講義2 シミュレーションモデル流通サービスの先駆けModel On! の最新情報とその活用事例を公開
 ...

合計20講義のWEBセミナーを開催

2020年7月から開始したWEBセミナーですが、毎回多くの皆さまにご視聴いただきました。
今までの講義をオンデマンドで視聴できるサイトをオープンしています。
講義のPDFファイルもDownload可能です。

電子機器の回路設計におけるSPICEシミュレーションの活用は今や常識になりつつありますが、その一方で、回路シミュレータユーザーからの“SPICEモデルが思うように入手できなくて困る”という声も多く聞かれます。そのお悩みを解決するベストな選択として、モーデックのModel On!サービスをご提案いたします。本ウェビナーでは、「PSpiceの高度な利用事例とモーデックモデリング技術」、「なぜModel On!ならSPICEモデルを簡単に入手できるのか?」、「Model On!を活用してこんなに設計効率が上がった!事例」について、ご紹介します。

開催概要

セミナー概要

セミナー名
講義2  シミュレーションモデル流通サービスの先駆けModel On! の最新情報とその活用事例を公開
担当講師
木村 隼人 (株式会社モーデック セールスエンジニア)
第13回 講義1 PSpiceの高度な機能とMoDeCHモデリング技術のご紹介
講師: 田中 稔
 ...

合計20講義のWEBセミナーを開催

2020年7月から開始したWEBセミナーですが、毎回多くの皆さまにご視聴いただきました。
今までの講義をオンデマンドで視聴できるサイトをオープンしています。
講義のPDFファイルもDownload可能です。

電子機器の回路設計におけるSPICEシミュレーションの活用は今や常識になりつつありますが、その一方で、回路シミュレータユーザーからの“SPICEモデルが思うように入手できなくて困る”という声も多く聞かれます。そのお悩みを解決するベストな選択として、モーデックのModel On!サービスをご提案いたします。本ウェビナーでは、「PSpiceの高度な利用事例とモーデックモデリング技術」、「なぜModel On!ならSPICEモデルを簡単に入手できるのか?」、「Model On!を活用してこんなに設計効率が上がった!事例」について、ご紹介します。

開催概要

セミナー概要

セミナー名
講義1 PSpiceの高度な機能とMoDeCHモデリング技術のご紹介
担当講師
田中 稔 (株式会社モーデック シニアモデルエンジニア)
第12回 講義2 プリント基板のノイズ発生メカニズムとEMC解析事例のご紹介
 ...

合計20講義のWEBセミナーを開催

2020年7月から開始したWEBセミナーですが、毎回多くの皆さまにご視聴いただきました。
今までの講義をオンデマンドで視聴できるサイトをオープンしています。
講義のPDFファイルもDownload可能です。

高速化が進むデジタル通信や高周波に対応したノイズ対策が必要なEMC設計の分野では、高周波技術を活用した回路開発が不可欠になってきています。しかしながら、高周波回路は分布定数回路や電磁界解析など専門的な知識を習得する必要があり、ハードルが高い技術分野でもあります。
今回のウェビナーでは、今後の回路設計に必要な高周波の基礎知識をわかり易くご紹介します。

開催概要

セミナー概要

セミナー名
講義2 プリント基板のノイズ発生メカニズムとEMC解析事例のご紹介
担当講師
島田 寛之(株式会社モーデック 取締役)
第12回 講義1 高速デジタル/EMCエンジニアのための今日から使える高周波の基礎知識
 ...

合計20講義のWEBセミナーを開催

2020年7月から開始したWEBセミナーですが、毎回多くの皆さまにご視聴いただきました。
今までの講義をオンデマンドで視聴できるサイトをオープンしています。
講義のPDFファイルもDownload可能です。

高速化が進むデジタル通信や高周波に対応したノイズ対策が必要なEMC設計の分野では、高周波技術を活用した回路開発が不可欠になってきています。しかしながら、高周波回路は分布定数回路や電磁界解析など専門的な知識を習得する必要があり、ハードルが高い技術分野でもあります。
今回のウェビナーでは、今後の回路設計に必要な高周波の基礎知識をわかり易くご紹介します。

開催概要

セミナー概要

セミナー名
講義1 高速デジタル/EMCエンジニアのための今日から使える高周波の基礎知識
担当講師
島田 寛之(株式会社モーデック 取締役)
第11回 – 講義1 電子回路設計者の要求に応えた多種多様なICシミュレーションモデルを一挙紹介
 ...

モーデックでは今年もWEBセミナーを展開しています。半導体や電子部品の各種モデリングサービスやツール類、アナログから高周波まで幅広いモデリング技術やモデルベースデザインを推進するための技術をご紹介し、様々な産業の皆さまのElectronics設計にお役に立つご提案をしていきます。
今月は、2日間に拡大し、下記のウェブセミナーをお送りします。

昨今、回路シミュレータのモデルを用いた設計,検証のニーズが高まりつつあります。モーデックの「オンデマンド型モデル提供サービスModel On!」がそのニーズにお応えします。Model On!サービスのモデル流通サービスは、多岐にわたるデバイスのモデルが網羅されており、特にICモデルはロジックセルから電源まで様々な機能ICモデルをご用意しております。本ウェビナーでは、Model On!ライブラリのモデルの中から特に、回路設計者の皆様に有用なICモデルについて解説いたします。

開催概要

セミナー概要

セミナー名
講義① 電子回路設計者の要求に応えた多種多様なICシミュレーションモデルを一挙紹介 14:00~ (約30分)
担当講師
角田 整治(モデリングエンジニア)
第11回 – 講義2 電子回路設計者なら必見! ICシミュレーションモデルを有効活用するための重要コンセプト
 ...

モーデックでは今年もWEBセミナーを展開しています。半導体や電子部品の各種モデリングサービスやツール類、アナログから高周波まで幅広いモデリング技術やモデルベースデザインを推進するための技術をご紹介し、様々な産業の皆さまのElectronics設計にお役に立つご提案をしていきます。
今月は、2日間に拡大し、下記のウェブセミナーをお送りします。

モーデックが提供するICモデルについて、実際に作成したPWMコントローラICのPSpice用モデルを例に、モデリングの基本概念を説明すると共に、各特性の検証回路とそのシミュレーション結果についてもご紹介いたします。
また、モーデックのモデリングエンジニアがICモデルを作成する際に考慮するポイントや、お客様からよくいただくご依頼内容の一部をご紹介いたします。

開催概要

セミナー概要

セミナー名
講義② 電子回路設計者なら必見! ICシミュレーションモデルを有効活用するための重要コンセプト 15:00~(約30分)
担当講師
諸富 仁哉 (モデリングエンジニア)
概要

第1章 モデル概要

* ICの説明、ICのシンボル、ピンアサイン説明

第2章 モデル合わせこみ特性について

* 基本機能からプロテクト機能まで合わせこみ

第3章 データシートやアプリケーションノート掲載の回路での検証

第4章 各機能の検証回路とシミュレーション結果

* ICの個別特性から、絶縁型降圧回路での応用検証までを紹介

第5章 モデル作成時に注意していること

第11回 – 講義3 シミュレーションモデル流通サービスの先駆けModel On! の最新情報とその活用事例を公開
 ...

モーデックでは今年もWEBセミナーを展開しています。半導体や電子部品の各種モデリングサービスやツール類、アナログから高周波まで幅広いモデリング技術やモデルベースデザインを推進するための技術をご紹介し、様々な産業の皆さまのElectronics設計にお役に立つご提案をしていきます。
今月は、2日間に拡大し、下記のウェブセミナーをお送りします。

電子機器の回路設計におけるSPICEシミュレーションの活用は今や常識になりつつありますが、その一方で、回路シミュレータユーザーからの“SPICEモデルが思うように入手できなくて困る”という声も多く聞かれます。そのお悩みを解決するベストな選択として、モーデックのModel On!サービスをご提案いたします。本ウェビナーでは、「なぜModel On!ならSPICEモデルを簡単に入手できるのか?」、「Model On!を活用してこんなに設計効率が上がった!事例」について、ご紹介します。

開催概要

セミナー概要

セミナー名
講義③ シミュレーションモデル流通サービスの先駆けModel On! の最新情報とその活用事例を公開 16:00~(約20分)
担当講師
木村 隼人 (セールスエンジニア)
第11回 – 講義4 もうAI無しのモデル作成は考えられない! 信頼性モデリングエンジニアが欲しくてたまらなくなる機能とは何か?
 ...

モーデックでは今年もWEBセミナーを展開しています。半導体や電子部品の各種モデリングサービスやツール類、アナログから高周波まで幅広いモデリング技術やモデルベースデザインを推進するための技術をご紹介し、様々な産業の皆さまのElectronics設計にお役に立つご提案をしていきます。
11月25日、26日の2日間に拡大し、下記のウェブセミナーをお送りします。

X-degnerはAI機能を搭載する世界初の自動モデリングツールです。今回のウェビナーでは、特性劣化後のIV波形モデリング機能などの新たに追加した機能とそのモデリング事例をご紹介いたします。

開催概要

セミナー概要

セミナー名
講義④ もうAI無しのモデル作成は考えられない! 信頼性モデリングエンジニアが欲しくてたまらなくなる機能とは何か? 15:00~(約30分)
担当講師
田中 浩治 (シニアモデリングマネージャ)
第11回 – 講義5 高速デジタル/EMCエンジニアのための今日から使える高周波の基礎知識
 ...

モーデックでは今年もWEBセミナーを展開しています。半導体や電子部品の各種モデリングサービスやツール類、アナログから高周波まで幅広いモデリング技術やモデルベースデザインを推進するための技術をご紹介し、様々な産業の皆さまのElectronics設計にお役に立つご提案をしていきます。
11月25日、26日の2日間に拡大し、下記のウェブセミナーをお送りします。

高速化が進むデジタル通信や高周波に対応したノイズ対策が必要なEMC設計の分野では、高周波技術を活用した回路開発が不可欠になってきています。しかしながら、高周波回路は分布定数回路や電磁界解析など専門的な知識を習得する必要があり、ハードルが高い技術分野でもあります。
今回のウェビナーでは、今後の回路設計に必要な高周波の基礎知識をわかり易くご紹介します。

開催概要

セミナー概要

セミナー名
講義⑤ 高速デジタル/EMCエンジニアのための今日から使える高周波の基礎知識 15:00~(約40分)
担当講師
島田 寛之 (株式会社モーデック 取締役)
第10回 – 講義 Sパラメータ測定の基礎とモーデックの測定サービスのご紹介
 ...

モーデックでは今年もWEBセミナーを展開しています。半導体や電子部品の各種モデリングサービスやツール類、アナログから高周波まで幅広いモデリング技術やモデルベースデザインを推進するための技術をご紹介し、様々な産業の皆さまのElectronics設計にお役に立つご提案をしていきます。

「自分たちのやっているSパラメータ測定結果が正しいかどうか不安」…という声を多く聞きます。
精度の高いSパラメータ測定は技術的難易度が非常に高くなるため、対応できる企業はとても少ないのが現状です。
モーデックは、創業以来培ってきた高度な測定技術と豊富な実績を基に、Sパラメータの測定サービスを提供しています。
今回のウェビナーでは、Sパラメータ測定の基礎とモーデックのSパラメータ測定サービスで実際に行っている作業内容の一端をご紹介します。

開催概要

セミナー概要

セミナー名
講義 Sパラメータ測定の基礎とモーデックの測定サービスのご紹介(約30分)
担当講師
櫻庭 養一 (シニア技術コンサルタント)
第9回 – 講義 回路・モデル検証ソフトウェア X-verifier
 ...

モーデックでは今年もWEBセミナーを展開しています。半導体や電子部品の各種モデリングサービスやツール類、アナログから高周波まで幅広いモデリング技術やモデルベースデザインを推進するための技術をご紹介し、様々な産業の皆さまのElectronics設計にお役に立つご提案をしていきます。

今回のウェビナーでご案内するX-verifierは様々なシミュレーション結果や測定データの比較・検証を行うソフトウェアです。任意のモデルや電気回路に対してデータシートや測定値、シミュレータによる応答の差異などを容易に検証できるため、シミュレーションにおける設計ミスを軽減することができます。半導体TEG向けだけでなく、PCB設計で使われるディスクリートデバイスにもお使いいただけます。

開催概要

セミナー概要

セミナー名
講義 回路・モデル検証ソフトウェア X-verifier
担当講師
三浦 弥一郎(モデリングエキスパートエンジニア)
第8回 – 講義 グラフ数値化による電気回路設計の効率化ー図面やPDFからワンクリックで数値データ化が可能!
 ...

モーデックでは今年もWEBセミナーを展開しています。半導体や電子部品の各種モデリングサービスやツール類、アナログから高周波まで幅広いモデリング技術やモデルベースデザインを推進するための技術をご紹介し、様々な産業の皆さまのElectronics設計にお役に立つご提案をしていきます。

今回のウェビナーでご案内するRODEMは、様々なグラフ画像から任意のグラフ線を読み取り、無数の数値プロットデータとして取得することができる自動グラフ数値化ツールです。
デジタルトランスフォーメーションに移行するための基本的な設計管理データを生成する上で大変有用なツールとなります。数値データに変換することで、グラフの分析や定量的な評価が可能となり、様々な業界でも応用が可能です。

開催概要

セミナー概要

セミナー名
講義 グラフ数値化による電気回路設計の効率化ー図面やPDFからワンクリックで数値データ化が可能!(約20分)
担当講師
木村 隼人(セールスエンジニア)
第7回 – 講義 シミュレーションモデル活用による ディレーティング検証の自動化
 ...

モーデックでは今年もWEBセミナーを展開していきます。半導体や電子部品の各種モデリングサービスやツール類、アナログから高周波まで幅広いモデリング技術やモデルベースデザインを推進するための技術をご紹介し、様々な産業の皆さまのElectronics設計にお役に立つご提案をしていきます。

今回の講義は、総合電機メーカにて白物商品設計に長く従事し、電気系システム開発・管理や電気系CAE開発・活用推進を行ってこられた方からのプレゼンテーションです。

開催概要

セミナー概要

セミナー名
講義 シミュレーションモデル活用による ディレーティング検証の自動化(約25分)
担当講師
上島 敬人(シニアコンサルタント)
第6回 – 講義 VHDL-AMS による発熱を考慮したMBD -電子機器と熱の連成シミュレーション
講師: 瀬谷 修
 ...

ーデックでは今年もWEBセミナーを展開していきます。半導体や電子部品の各種モデリングサービスやツール類、アナログから高周波まで幅広いモデリング技術やモデルベースデザインを推進するための技術をご紹介し、様々な産業の皆さまのElectronics設計にお役に立つご提案をしていきます。

開催概要

セミナー概要

セミナー名
講義 VHDL-AMS による発熱を考慮したMBD -電子機器と熱の連成シミュレーション(約40分)
担当講師
瀬谷 修(シニアコンサルタント)
第5回 – 講義1・AIテクノロジーとモデリングでの効用
 ...

モーデックは、2020年6月から技術セミナーをウェブでご提供してまいります。
回路設計をより効率化するための回路シミュレーションやモデルの有効活用方法や、モーデックならではのシミュレーションモデルの有用Tipsなどが満載の技術セミナーです。SPICEを有効利用するためのモデリング情報、測定検証を伴うモデリング技術、EMC解析例、AIを搭載したIC寿命予測ツールなど、お役に立てる情報をお届けしていきます。

今回のWEBセミナーでは、最新リリースのAIテクノロジー搭載モデリングツールについてその特徴、効果や事例を中心に詳しくご紹介します。需要の背景、モデリングエンジニアの抱えている問題、また組織として準備すべき環境についての課題にお役にたてるご提案をいたします。

開催概要

セミナー概要

セミナー名
講義1 AIテクノロジーとモデリングでの効用(約40分)
担当講師
嶌末 政憲(代表取締役社長、技術本部長兼任)
担当講師のプロフィール
第5回 – 講義2・X-degnerを用いた信頼性モデリングの特徴
 ...

モーデックは、2020年6月から技術セミナーをウェブでご提供してまいります。
回路設計をより効率化するための回路シミュレーションやモデルの有効活用方法や、モーデックならではのシミュレーションモデルの有用Tipsなどが満載の技術セミナーです。SPICEを有効利用するためのモデリング情報、測定検証を伴うモデリング技術、EMC解析例、AIを搭載したIC寿命予測ツールなど、お役に立てる情報をお届けしていきます。

今回のWEBセミナーでは、最新リリースのAIテクノロジー搭載モデリングツールについてその特徴、効果や事例を中心に詳しくご紹介します。需要の背景、モデリングエンジニアの抱えている問題、また組織として準備すべき環境についての課題にお役にたてるご提案をいたします。

開催概要

セミナー概要

セミナー名
講義2 X-degnerを用いた信頼性モデリングの特徴(約40分)
担当講師
田中 浩治(シニアモデリングマネージャ)
第4回 – 講義1・スイッチング電源回路のシミュレーション検証事例
講師: 田中 稔
 ...

モーデックは、2020年6月から技術セミナーをウェブでご提供してまいります。
回路設計をより効率化するための回路シミュレーションやモデルの有効活用方法や、モーデックならではのシミュレーションモデルの有用Tipsなどが満載の技術セミナーです。SPICEを有効利用するためのモデリング情報、測定検証を伴うモデリング技術、EMC解析例、AIを搭載したIC寿命予測ツールなど、お役に立てる情報をお届けしていきます。

今後もウェブセミナーの内容が決まり次第お伝えしてまいります。
なお、セミナー内容につきましては予告なく変更となることがございますが、ご了承願います。

開催概要

セミナー概要

セミナー名
講義1 スイッチング電源回路のシミュレーション検証事例(約35分)
担当講師
田中 稔(シニアモデリングエンジニア)
第4回 – 講義2・シミュレーションモデル活用による基板設計の推進
 ...

モーデックは、2020年6月から技術セミナーをウェブでご提供してまいります。
回路設計をより効率化するための回路シミュレーションやモデルの有効活用方法や、モーデックならではのシミュレーションモデルの有用Tipsなどが満載の技術セミナーです。SPICEを有効利用するためのモデリング情報、測定検証を伴うモデリング技術、EMC解析例、AIを搭載したIC寿命予測ツールなど、お役に立てる情報をお届けしていきます。

今後もウェブセミナーの内容が決まり次第お伝えしてまいります。
なお、セミナー内容につきましては予告なく変更となることがございますが、ご了承願います。

開催概要

セミナー概要

セミナー名
講義2 シミュレーションモデル活用による基板設計の推進(約35分)
担当講師
木村 隼人(セールスエンジニア)
第3回 – 講義1・パワーデバイスにおけるスイッチング特性の高精度モデル化
 ...

モーデックは、2020年6月から技術セミナーをウェブでご提供してまいります。
回路設計をより効率化するための回路シミュレーションやモデルの有効活用方法や、モーデックならではのシミュレーションモデルの有用Tipsなどが満載の技術セミナーです。SPICEを有効利用するためのモデリング情報、測定検証を伴うモデリング技術、EMC解析例、AIを搭載したIC寿命予測ツールなど、お役に立てる情報をお届けしていきます。

今後もウェブセミナーの内容が決まり次第お伝えしてまいります。
なお、セミナー内容につきましては予告なく変更となることがございますが、ご了承願います。

開催概要

セミナー概要

セミナー名
講義1 プリント基板のノイズ発生メカニズムとEMC解析事例のご紹介(約40分)
担当講師
株式会社モーデック シニアモデリングエンジニア 三浦 弥一郎
第3回 – 講義2・SPICEによる伝送線路・電源シミュレーションの事例紹介
講師: 青木 正
 ...

モーデックは、2020年6月から技術セミナーをウェブでご提供してまいります。
回路設計をより効率化するための回路シミュレーションやモデルの有効活用方法や、モーデックならではのシミュレーションモデルの有用Tipsなどが満載の技術セミナーです。SPICEを有効利用するためのモデリング情報、測定検証を伴うモデリング技術、EMC解析例、AIを搭載したIC寿命予測ツールなど、お役に立てる情報をお届けしていきます。

今後もウェブセミナーの内容が決まり次第お伝えしてまいります。
なお、セミナー内容につきましては予告なく変更となることがございますが、ご了承願います。

開催概要

セミナー概要

セミナー名
講義2 SPICEによる伝送線路・電源シミュレーションの事例紹介(約35分)
担当講師
TEQ Consulting 青木 正
第2回 – 講義1・パラメトリックパッシブSPICEモデルの紹介とバイアス依存モデルの重要性
 ...

モーデックは、2020年6月から技術セミナーをウェブでご提供してまいります。
回路設計をより効率化するための回路シミュレーションやモデルの有効活用方法や、モーデックならではのシミュレーションモデルの有用Tipsなどが満載の技術セミナーです。SPICEを有効利用するためのモデリング情報、測定検証を伴うモデリング技術、EMC解析例、AIを搭載したIC寿命予測ツールなど、お役に立てる情報をお届けしていきます。

今後もウェブセミナーの内容が決まり次第お伝えしてまいります。
なお、セミナー内容につきましては予告なく変更となることがございますが、ご了承願います。

開催概要

セミナー概要

セミナー名
講義1 パラメトリックパッシブSPICEモデルの紹介とバイアス依存モデルの重要性(約35分)
担当講師
株式会社モーデック 高周波エキスパート 櫻庭 養一
第2回 – 講義2・プリント基板のノイズ発生メカニズムとEMC解析事例のご紹介
 ...

モーデックは、2020年6月から技術セミナーをウェブでご提供してまいります。
回路設計をより効率化するための回路シミュレーションやモデルの有効活用方法や、モーデックならではのシミュレーションモデルの有用Tipsなどが満載の技術セミナーです。SPICEを有効利用するためのモデリング情報、測定検証を伴うモデリング技術、EMC解析例、AIを搭載したIC寿命予測ツールなど、お役に立てる情報をお届けしていきます。

今後もウェブセミナーの内容が決まり次第お伝えしてまいります。
なお、セミナー内容につきましては予告なく変更となることがございますが、ご了承願います。

開催概要

セミナー概要

セミナー名
講義2 プリント基板のノイズ発生メカニズムとEMC解析事例のご紹介(約40分)
担当講師
株式会社モーデック MBDソリューショングループ長 島田 寛之
第1回 – 講義1・SPICEの基礎とモデルの役割
講師: 瀬谷 修
 ...

モーデックは、2020年6月から技術セミナーをウェブでご提供してまいります。
回路設計をより効率化するための回路シミュレーションやモデルの有効活用方法や、モーデックならではのシミュレーションモデルの有用Tipsなどが満載の技術セミナーです。SPICEを有効利用するためのモデリング情報、測定検証を伴うモデリング技術、EMC解析例、AIを搭載したIC寿命予測ツールなど、お役に立てる情報をお届けしていきます。

今後もウェブセミナーの内容が決まり次第お伝えしてまいります。
なお、セミナー内容につきましては予告なく変更となることがございますが、ご了承願います。

第1回無料ウェブセミナー(SPICEの基礎とモデルの役割)

開催概要

セミナー概要

セミナー名
講義1 SPICEの基礎とモデルの役割(約40分)
担当講師
株式会社モーデック シニアコンサルタント 瀬谷 修
第1回 – 講義2・PSpiceの高度な使い方とモーデック・モデルの特徴
講師: 田中 稔
 ...

モーデックは、2020年6月から技術セミナーをウェブでご提供してまいります。
回路設計をより効率化するための回路シミュレーションやモデルの有効活用方法や、モーデックならではのシミュレーションモデルの有用Tipsなどが満載の技術セミナーです。SPICEを有効利用するためのモデリング情報、測定検証を伴うモデリング技術、EMC解析例、AIを搭載したIC寿命予測ツールなど、お役に立てる情報をお届けしていきます。

今後もウェブセミナーの内容が決まり次第お伝えしてまいります。
なお、セミナー内容につきましては予告なく変更となることがございますが、ご了承願います。

開催概要

セミナー概要

セミナー名
講義2 PSpiceの高度な使い方とモーデック・モデルの特徴(約35分)
担当講師
株式会社モーデック シニアモデリングエンジニア 田中 稔
測定技術セミナー
講師: 未定

高精度な測定技術無くして、高精度なモデリング技術は成り立ちません。

モーデックでは、モデリング専門会社で長年培った測定技術を、惜しみなく伝授いたします。測定環境、ご希望の ...

測定環境、ご希望の内容にあわせて測定技術を提供

測定技術セミナー

高精度な測定技術無くして、高精度なモデリング技術は成り立ちません。
モーデックでは、モデリング専門会社で長年培った測定技術を、惜しみなく伝授いたします。測定環境、ご希望の内容に添って、カリキュラムを組みます。お客様所有の測定環境、ご希望の内容を明記の上、こちらよりお問い合わせください。

開催概要

実施場所
御社にてご提供いただきます。
所要時間

ご希望の内容にあわせて設定いたします。

費用・人数

一日コース:無料
半日コース:無料

  • 参加人数による費用の増減はございません。
  • 東京、神奈川、埼玉、千葉以外の会場での開催の場合、最寄駅、空港までの交通費、及び宿泊費を別途請求させていただきます。(無料セミナーに関しても請求させていただきます。)

セミナー概要

セミナー名
基板・PKGの最新高周波測定と評価手法
担当講師
シニア技術コンサルタント 小磯直也
担当講師のプロフィール
概要

高周波分野における設計効率化の重要なファクタである「基板・PKG・LSIの一括協調設計」には、正確なモデルパラメータの取得が必須です。そして、正確なモデルパラメータの取得には、精密な実測が必須となります。本セミナーでは、ボードの表裏に配された測定対象端子に正確にプロービング可能な「全方位プローバー」を使用した高周波の精密測定手法について詳細に説明しています。また、高周波測定の誤差最小化に大きな威力を発揮するリフレッシュモジュールCalPod(キーサイトテクノロジー社製)を使用した測定手法についても述べています。

過去に開催したセミナーのアーカイブはこちらから。