2020年11月4日にオンライン配信される「第10回 自動車技術に関するCAEフォーラム 2020 オンライン」で当社社員が講演を行います。

2020.10.27
NEWS

◆開催概要
イベント名:「第10回 自動車技術に関するCAEフォーラム 2020 オンライン」
~IoT時代のモノづくり革新を支えるCAEの可能性と展望~

■日時 : 2020年11月4日(水)10:00~18:00
■形式 : オンラインLIVE配信(Zoom/VIMEO予定)
■主催(共催):日本大学生産工学部自動車工学リサーチ・センター/株式会社インプレス
■参加費:無料(但し、完全事前登録制)

◆当社の講演内容
講師:瀬谷 修
タイトル:招待講演 「VHDL-AMSによる発熱を考慮したMBD -電子機器と熱の連成シミュレーション-」
講演日時:2020年11月4日(水) 11:40~12:05

概要:自動車システムはEV/HEV化や自動運転対応のため複雑化の一途を辿っており、短期間に効率よく設計・開発を行うためものづくりプロセスの改革が必要になっている。機能安全を初め、実車では不可能な検証があるため、モデルベース開発を導入して設計のフロントローディングによる高精度化や評価の効率化だけでなくデジタル認証まで包含する仮想開発プロセスを構築しなければならないと考える。今回はその中で熱設計と回路設計をコラボする開発プロセスをご紹介する。

◆詳細・参加登録はこちら↓
http://cc.mas.impress.co.jp/c/00gbru_0001w5vo_69