モーデックのEMCソリューションは、

  • 昨今ニーズが増加しているパワーデバイスを含む電子デバイスモデリング技術、解析精度と解析時間をバランスよく実行するEMCモデリング技術、そして回路~車両規模までの多彩な解析実績(モデルリダクションを含む)をサポートし、解析精度と解析時間をバランス良く達成する手法をご提案します。
  • また、ネットワークアナライザ等の豊富な信号計測技術や計測治具設計など、前述のEMCシミュレーションと実測値との合わせ込みを信頼できる精度で実現します。
  • 更に、主要ベンダー様の電磁界ソルバーに対応しているなど、多様な顧客ニーズに対してオールインワンのEMCソリューションをご提供します。

EMC解析モデル作成支援

EMC解析で最も重要な要素は、スイッチングデバイスのtr/tf(立上り、立下り)特性にあります。 同様に回路素子のLC成分抽出は回路の共振特性を再現するのに重要なファクターです。 モーデックはこの分野におけるTOPカンパニーであり、EMC解析に対応する高精度のスイッチングモデルを基に回路シミュレーションおよび電磁界3Dシミュレーションを実施します。
解析規模が大きい場合は、回路素子レベルでの解析は困難となってきます。 こういった場合は、コンポーネント単位に構造を縮退するなどの連成解析モデルを構築し、最終的に車両レベルの大規模解析を実現します。

また、ツイストペア線などの捻じれた電線や車体のような複雑な構造体については、メッシュエラーや解析時間の問題が発生しますが、これらに対しては電磁界物性に照らし合わせた縮退モデリング手法をご提供します。

EMCノイズの可視化・対策支援

1-1項でEMCの再現重要要素がスイッチング特性にあることを述べましたが、EMC対策の本質はノイズ伝搬経路と共振特性の可視化です。 モーデックは電磁界3Dソルバーを用いて伝導・共振・放射現象を可視化し、電磁界物性現象に基づく適正な対策手法をご提案します。

下図に示すEMC解析事例はコチラ

解析実績、対象ソルバー

  • モデルリダクション
    ・車体構造リダクション
    ・ハーネス構造リダクション
    ・アンテナモデリング (シャークフィン、ガラスアンテナ)
    ・基板およびコンポーネントモデリング
  • 解析事例
    ・車両~ガラスアンテナ電磁結合可視化
    ・ハーネス伝導・放射可視化 (通線経路最適化) : FM帯
    ・アンテナ受信強度、指向性解析 : FM帯
    ・スマートキー低周波磁場解析 : 125KHz
    ・ノイズRF信号の聴感音定量化手法構築 : AM,FMラジオ
    ・基板ノーマルモード、コモンモードノイズ解析 : AM、FM帯
  • 対象ソルバー
    ・Ansys HFSS (FEM) 、 Ansys Designer (回路シミュレーター )
    ・CST MW Studio ( FEM、FIT、回路シミュレーター )
    ・Keysight ADS ( MoM、FEM )

 

上記が解析実績ですが、ご要望に応じて対象を拡大いたしますのでご相談ください。

各解析事例のご紹介は、下記ボタンを選択ください。