パッシブデバイスのモデリング

パッシブ・デバイス・モデルはモーデックでも作成していますが、多くのベンダーからモデルが提供されています。モーデックのECサイトでは、ベンダーモデルの無料ダウンロード、設計精度向上、工数削減を目的としたモーデック独自モデルの購入が出来ます。

インダクタンス値、容量値だけの理想モデルで回路設計していませんか?

インダクタ、キャパシタは寄生成分の影響で共振周波数以上の周波数帯でインピーダンス特性が大きく変わります。これらのパッシブデバイスの寄生成分であるESR、共振周波数を設計段階のシミュレーションで把握しておくことで、パッシブデバイスを起因とする実機試作での不具合を減らすことができます。モーデックのパラメトリック・パッシブ・スパイス・モデルはModel On! Searchで購入できます。
モーデックではカスタム設計のトランス、チョークコイルの寄生成分を含むモデリングが可能です。ご要望の方はお問合せフォームからご連絡下さい。

インダクタの電流依存性、キャパシタの電圧依存性を配慮して設計していますか?

インダクタ、キャパシタはそれぞれ電流依存性、電圧依存性があります。特に電源回路で使用されるデバイスの場合は、その依存性が原因で電源品質を低下させることがあります。複数のベンダーからそれらの依存性を含むモデルが提供されていますが、基礎設計段階で使用する寄生成分を含まないモデルは提供されていません。モーデックの寄生成分を含まないインダクタ、キャパシタの動的モデルが購入できます。

アクティブデバイスのモデリング

アプリケーションノート(PDF)はこちら

サービスの概要

基板上に実装されるディスクリート半導体部品の高精度なSPICEモデルをご提供します。

  • お客様の幅広いニーズにお応えするため、MOSFET、BJT、ダイオードといったディスクリート半導体部品の全製品が対象です
  • 数多くのモデルとシミュレータに対応していますので、お客様の設計環境に最適なSPICEモデルを選択できます
    (対応モデル、シミュレータは下の表を参照してください)
  • 半導体部品のデータシートをお送りいただくだけで高精度なSPICEモデルを手軽に入手できます
  • データシートだけでなく、お客様で測定したデータをお送りいただくことでも、サービスを利用できます
    (モーデックで測定を受託するサービスもありますので、お気軽にご相談ください)

こんなことでお困りではありませんか?

  • フリーのSPICEモデルがない、半導体部品メーカーからSPICEモデルを入手できない
  • SPICEモデルを入手できたけれど、シミュレーションした結果の精度が悪く、基板設計をやり直すことになった
  • シミュレーションを実行すると途中で止まる(収束しない)、わずかな条件の違いで結果が大きく変わる(安定しない)
  • 使用するシミュレータにSPICEモデルが対応していない
  • スイッチング動作時の損失を確認したいけれど、今のSPICEモデルでミュレーションした結果に不安がある。できればスイッチング特性を測定して、その測定データから抽出したSPICEモデルを入手したい

モデル作成のご依頼について

データシートがない、デバイス特性値がない場合

モーデックは、社内にデバイス測定装置を保有しており、熟練の測定エンジニアが最適環境で正確な実測を行います。モデル抽出用の特性データをお持ちでない場合も、お気軽にご相談ください。

お見積り依頼

  • お使いのシミュレータ種類(メーカー名、製品名)
  • 対象デバイスのデータシート(または、特性データ情報)

を明記してお問い合わせから見積をご依頼ください。3営業日以内に、お見積回答いたします。お急ぎの場合は、お電話でも受け付けておりますので、お気軽にご用命ください。

ご納品

データシートとパラメータ抽出結果を比較するレポートと、ご指定いただいたシミュレータのネットリストをCD-ROMでご納品いたします。お急ぎの場合は、先行してEメールでのご納品も可能です。

サービスの特長

高精度なSPICEモデリングサービス

モーデックでは、ディスクリート半導体部品の高精度なSPICEモデルを、これまで多くのお客様へ提供してきた実績があります。
シミュレーションで再現しにくい特性(例えばMOSFETやIGBTの大電流領域の特性、容量特性、逆回復特性)も、
モーデックのSPICEモデルであれば解決できます。独自に開発してきたマクロモデルと、エンジニアの高いモデリング技術により、特性を忠実に再現できる高精度なSPICEモデルを提供します。
また高精度な面だけでなく、シミュレーションの収束性と安定性が高いことも大きな特長で、多くのノウハウにより実現しています。
過渡特性等のシミュレーション実行時、収束性と安定性にストレスや不安を感じさせません。

数多くの対応モデル、シミュレータ

お客様の多様な設計環境でもシミュレーションを実行できるよう、数多くのモデルとシミュレータに対応しています。
モーデックのエンジニアは各モデルとシミュレータについて豊富な知識と経験がありますので、お客様がいずれを選択されても高精度なSPICEモデルを入手できます。

"より正確なSPICEモデル"のための測定受託サービス(オプション)

データーシートから抽出するSPICEモデルは、データシートに記載されている電気的特性値と特性波形に基づいています。
このためデータシートに記載されていな特性値や波形をシミュレーションすると、精度が低くなるケースがあります。
例えば、スイッチング特性波形はデータシートに記載されていませんので、このようなケースが多くなります。
スイッチング特性を高い精度でシミュレーションするためには、スイッチング特性の測定と、測定データから抽出する
"より正確なSPICEモデル"が必要となります。
お客様が測定データをご用意できない場合には、モーデックの測定受託サービスを、是非ご利用ください。
モーデックは専門のエンジニアよる高度な測定サービスもご提供しています。

短納期のご要望にも対応

モーデックで開発したモデルパラメータ自動抽出ソフト(X-tractor)を活用して、最短でご注文から2営業日で納品します。

対応デバイス、モデル、シミュレータ

デバイス
  • MOSFET
  • IGBT
  • BJT
  • JFET
  • HEMT
  • 各種ダイオード
  • LED
  • サイリスタ
モデル
  • LEVEL3
  • BSIM3
  • BSIM4
  • HiSIM-HV
  • Gummel-Poon
  • VBIC
  • MEXTRAM504
  • Diode
  • EEHEMT
  • Angelov
  • 各種マクロモデル
シミュレータ
(アルファベット順)
  • Advanced Design System (ADS) 
  • ANSYS® Designer®
  • ANSYS® Simplorer®
  • Eldo®
  • HSPICE®
  • LTspice 
  • ngspice 
  • PSpice®
  • Spectre®
  • UCBSpice3f5 

上記以外にも対応デバイスは多数ございます。
また、CMC認定の高精度モデル他、最先端のモデルにも対応していますので、記載のないモデルやシミュレータについても、お気軽にお問い合わせください。

抽出範囲

データシートに記載されている、絶対最大定格、電気的特性、特性図をパラメータ抽出対象とします。
またご要望がありましたら、測定データを抽出対象に加えます。

部品モデル販売サービス実施の流れ

お問い合わせ
お見積もり
ご注文
測定
※オプション
SPICEモデル作成
納品
(パラメータ抽出結果報告)
パラメータ抽出結果レポート、ネットリスト