高速デジタルソリューションの概要

高速デジタル通信の設計、評価、解析支援を行います。
昨今の通信速度の超高速化要求に伴い、デジタル回路設計の開発・設計の現場においてもアナログの知識・ノウハウが必要になってきています。
モーデックは、創立以来アナログ設計支援サービスを多岐に渡り展開しており、そのノウハウは高速デジタル設計の分野でも十分に活用できるものです。

以下のようなご要望に対応

  • 通信規格(コンプライアンステスト)に関する支援をして欲しい
  • 測定・評価・デバッグのノウハウについて伝授して欲しい
  • 高速デジタル設計をデザイン・インして請け負って欲しい
  • 事前にSI / PIの影響を把握し、設計に反映したい
  • ICチップPAD部の波形をみたい
  • 高精度の伝送路とIBISモデル(パッケージ含む)が欲しい

このようなお客様の様々なご要望に、モーデックはきめ細かいコンサルティングと技術力で、各種高速デジタル回路の設計 / 評価 / 解析支援サービスを提供しております。

高速デジタルにおける伝送経路問題

高速デジタルにおける伝送経路問題

最近の高速デジタルでは、今まで以上に下記のような高周波問題が顕在化してきます。

遅延 / 損失

遅延 / 損失

送信波形

クロストーク

クロストーク

送信波形

受信波形(反射 / リンギング)

受信波形(反射 / リンギング)

高速デジタル向け測定 / 評価 / IBISモデリングの例

モーデックは、高速デジタル測定・評価のあらゆるご要望にお応えします。

高速デジタル向け測定 / 評価 / IBISモデリングの例

高速デジタルの測定をバックアップする測定ツールとして、 モーデックはDUTに対してあらゆる方向からプロービングできる「全方位プローバー」を販売しています。

<実機を測定してベンダーIBISモデルを改良した例>

高速デジタル向け測定 / 評価 / IBISモデリングの例

測定ベースの高速デジタル 設計 / 評価 / 解析 実践支援サービス

モーデックは高速デジタル問題を解決する一手法として、測定ベースの設計 / 評価 / 解析を推奨しています。具体的には、以下のサービスを提供しています。

測定ベースの高速デジタル 設計 / 評価 / 解析 実践支援サービス

高速デジタル設計用TEG (Test Element Group) の作成
高速デジタルTEGの測定・評価・解析
伝送経路モデルの作成
多重反射用ドライバ / レシーバモデルの作成
リアルタイムの観測点移動技術による評価・解析

コンプライアンステストサービス

キーサイト・テクノロジー社の協力により、MOI (Method Of Implementation) と測定ルーチンを用意しております。
また、コンプライアンステストのサービスは、必要に応じて米国GRL社とのパートナーシップでご提供いたします。

コンプライアンステストサービス

コンプライアンステストサービス