Vol.47 ベリーデ デモ解禁!

2010.07.23

ご紹介開始から大変ご好評頂いております、回路設計検証/先導ツール"VELEADE"のデモがついに解禁されました。
VELEADE最大の特徴である、シミュレーション結果の検証機能と設計指針出力機能をご体験いただけます。

シミュレーション結果の検証機能とは・・・
実測に基づいて構築したデータベースファイルより、シミュレーション結果における各アクティブデバイスの動作点をデータベースから算出される”真の動作点”と比較し、誤差情報として出力する機能です。

設計指針出力機能とは・・・
シミュレーション結果の検証機能で得られた誤差を有するデバイスに対して設計で求められる各特性を満たすデザインパラメータをデータベースより算出する機能です。

デモ内容は第一弾と致しましてアンプ設計を対象としております。
シミュレーションでは目標の電圧利得に対して、1dB程度マージンがある回路について、VELEADEを使用し検証を行っております。

シミュレーション結果の検証機能により実素子との誤差を検証した所、ある素子における電流やgmの誤差が10%程度あり、実素子の電流駆動能力がシミュレーション結果より低い事が分かります。
そこで、設計指針出力機能を用いて実素子と同等の電流となるように回路パラメータを変更することで実回路で設計目標を達成したという例です。

このようにVELEADEでは既存モデルライブラリの精度を評価し、モデルが持つ誤差を考慮した設計が可能となります。
設計段階においてクリティカル部分を特定することで、開発期間が短縮でき、効率化につながることは確実でございます。

今後も続々とデモ例を増やしていく予定でございます。
VELEADEに関するご興味やご質問など御座いましたら、ご遠慮なくご連絡下さい。
皆様からのお問い合わせを、お待ちしております。