2010.06.24

”モデル検証ツールとしてもVELEADEは好評です。”

本年よりご紹介を開始いたしました、究極の回路設計検証/先導ツール"VELEADE" は、回路設計だけではなくモデル検証ツールとしても大好評を頂いております。

一般的にモデリングエンジニアは、モデリング用トランジスタTEGの電気特性を使用範囲全体について測定し、シミュレーション誤差が最小になるようにパラメータを抽出します。
この為、微小電流領域などでは大きなパーセントエラーとなる場合があり、その領域で動作している回路では回路シミュレーションの結果に大きく影響します。

こんなときVELEADE最大の特徴である、シミュレーション結果検証機能が役立ちます。
実測に基づいて構築したデータベースファイルを使用し、SPICEシミュレーション結果における各アクティブデバイスの動作点を高精度に検証できるからです。

その結果としてVELEADEは、各アクティブデバイスの動作点について、SPICEシミュレーション結果とデータベースから算出された”真の動作点”を比較し、誤差情報として出力いたします。
本機能により、モデリングの検証において、数々のパラメータが異なるアクティブデバイスの精度を容易に検証が可能となります。

今回ご紹介致しましたVELEADEのシミュレーション結果検証機能は、お客様のモデル検証ツールと致しまして精度や効率の向上にお役立て頂けると確信いたします。