2010.01.26

IGBTは低電力ゲート駆動、大電流対応、高スイッチング・スピードという要求を満たし、ゲートのドライブが単純でいながらオンステートのロスが低減できるという利点を持ちます。これらの特徴から、大電力を扱うアプリケーション、例えば車載用デバイスとして現在注目されています。

SPICE用モデリングは回路設計のキーとなりますが、実践に耐えうるコンパクトモデルは未だ完成されていません。弊社では、トランジェント動作、温度依存性、さらにはラッチアップ動作のモデル化にもチャレンジし、高精度なマクロモデルを研究/開発し、サービスを提供しております。また、昨年よりVerilog-Aを使用したIGBTのモデル化にも対応開始いたしました。

IGBTのモデル化、パラメータ抽出サービスをご検討でしたら是非一度お問い合わせください。

モーデックは他社では不可能と思われます様々な最先端デバイスのモデリングにも対応し、ご好評をいただいております。
モデリングでお困りのことがございましたら、是非弊社までお問い合わせいただければ幸いです。どのようなデバイスにもご満足いただけるよう対応いたします。