2007.08.28

弊社モデリング技術がDC/DCコンバータの最適化設計に大きく貢献

モーデック社では、DC/DCコンバータの最適化設計を実現するために必要となる高精度MOSFETマクロモデル(スイッチング側と同期整流側の2種類を対象)を開発いたしました。
このモデルと弊社モデリング技術を併用することにより、同期整流型DC/DCコンバータ回路のセルフターンオン現象を伴う以下のタイミング検証を高精度に実施することができるようになります。

  • スイッチング側FETのターンオフ損失
  • スイッチング側FETの導通損失
  • スイッチング側FETのターンオン損失
  • 同期整流側FETのセルフターンオン損失
  • デッドタイムダイオード損失
  • 同期整流側FETの導通損失

本技術は、スイッチング周波数を高め電源回路であるDC/DCコンバータを小型化する場合の最適化設計にも大きく貢献します。DC/DCコンバータの最適化設計にお困りのエンジニアの方、是非モーデック社のモデリングサービスをご利用なさってみてください!
なお、モーデック社ではDC/DCコンバータ用の高精度MOSFETモデリングのみならず、その他のアプリケーションにも対応しました種々のMOSFETモデリングを実施しておりますので、ご興味のある方は弊社までお問い合わせください。