2017.09.28

10月5日木曜日、アンシス・ジャパン(株)が主催する「ANSYS DAY 2017」が、
グランドニッコー東京 台場にて開催されます。モーデックは、スポンサー展示及び、
分科会セッションで講演を行いますので、是非ご登録の上、ご来場ください!

--------------------->> 展示内容のご紹介 <<-----------------------

「ANSYS Designer/Simplorer 用モデル作成サービス」

モーデックでは、パワーエレクトロニクス、アナログ回路の分野において、
測定・評価・解析やノイズ対策に関する課題の解決として、モデルベース・
シミュレーションの実現を支援し、「新デバイス用のモデルが無い」、
「無償モデルの精度検証が面倒」、「必要なデバイスモデルの入手性が悪い」などの、
シミュレーション環境におけるモデルの課題を解決します!

ANSYS製品に対応するSPICEモデルはもちろんのこと、VHDL-AMSモデル作成も可能です。

http://www.ansys.com/ja-JP/other/ja-jp/ANSYS-DAY-2017/exhibition

------------------->> 分科会セッションのご紹介 <<-----------------

「国際標準によるモデルベース開発の取り組み」
株式会社モーデック
瀬谷 修

10月5日(木)15:10-15:40 F-4 にて開催

[講演概要]
自動車システムはEV/HEV化や自動運転対応のため複雑化の一途を辿っており、
短期間に効率よく開発を行うためMBDの導入が進められている。MBDの実用化には、
機械、電気、熱、流体といったマルチドメイン対応やモデル流通のための
モデル互換性、暗号化対応が必須である。そのために自動車技術会
「国際標準記述によるモデル開発・流通検討委員会」ではIEEEやIECに登録された
VHDL-AMSをモデリング言語に採用することを推進しているのでその活動内容を紹介する。

使用ソフトウェア:ANSYS Simplorer

↓参加登録はこちら!
http://www.event-web.net/ansysday2017/

F-4のセッションを選択し、「個人情報の取扱いについて」ボタンをクリックすると、
そのまま参加登録画面に進むことができます。

皆様のご来場を、心よりお待ちしております!