第13話 かずのこ、ライバル現る

2018.01.25

(いたみんが連載再開に向け思案中のある日の午後・・・)

さよねえ:
あら、いたみん、なんだか面白そうなこと始めたのね。私も参加したいわ。

いたみん:
さよねえさん、もちろん大歓迎です!お相手がさよねえさんなら、

このコラムも上品で格調高い感じになりそうだなあ。 誰かさんと違って。。。

さよねえ:
誰かさんって、誰?

いたみん:
え、あ、いや、その名前を口にしたら、ヤバいんで、言いたくな・・・あっ、あー、

やっぱ、来た~~~っ(><)

誰かさん:
♪ズンズンズンズンズンズン、ズンドコベロンチョ、ズンズンズンズンズンズンズン♪

さよねえ:
あら、なによ、あなた。いきなり♪ズンズンとか歌っちゃって意味不明なんですけど。ところで、どなた?

いたみん:
あ、さよねえさんは、最近入社したからまだ遭遇してなかったんですね。

こちら、”モーデックのジャバ・ザ・ハット”こと、かずのこさんです。

かずのこ:
フンフン、ワシがジャバなら、いたみんは「ジャージャービンクス」やな。( ̄∇ ̄)ニヤッ笑

でもねえ、ワシ、最近キャラ変えしたの。

これからは、モーデックの愛されゆるキャラ「かずのこっぴぃ」に改名しようと思てんやけど、どうやろ?

さよねえ:
ダサっ。っつーか、あなた、おいくつ?いい歳こいて、ゆるキャラとして売り出すって、さらに意味不明なんですけどぉ!

かずのこ:ん?おぬしこそ、誰じゃ?めちゃくちゃ上から目線でブイブイゆっとるが。

今までのモーデックにこんなキャラおらんかったぞ~~~!

いたみん:
かずのこさんは、ここしばらく遊び惚けてたから知らないんですよ。

さよねえさんは、11月にモーデックに入社された経験豊かなシステムエンジニアさんです。

さよねえ:
あら、いたみん、お褒めいただきどうも。でも、「経験豊か」は「歳取ってる」ってことかしらぁ? (  ̄っ  ̄)ムゥ

いたみん:
え、い、いや、けしてそういう意味では・・・。(((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

かずのこ:
さよねえさんとやら、若ぇモンをからかっちゃあいけねーぜ。年長者こそ謙虚じゃなくちゃあならねぇんだよ。 ( ̄^ ̄) ドヤ

さよねえ:
フン、そんなわかりやすいドヤ顔で、おじさんだかおばさんだかわかんない人に言われてもねえ・・・。

(いたみん心の声:あーっ、さよねえさん、そこに触れてはいけまっしぇん(><))

かずのこ:
にゃ、にゃんだとぉ!!ワ、ワシはなあ・・・

さよねえ:
はいはい、ジャバ・ザ・ハットさん。私のことは、「レイア」って呼んでくださいね。 ( ̄ー ̄)

いたみん:
な、なんと!レイア姫とジャバの戦いがモーデックで・・・。(((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

<そして、さよねえとかずのこの掛け合いはしばらく続いた・・・>

<他の社員は真面目に仕事してるので、皆様、ご心配なく。。。>

いたみん:
でも、なんだかんだ言ってあの二人がいれば、コラムのネタにも事欠かないな。

よっしゃー、これで次回からこのコラムも盛り上がりそうだぞ~~っ!( ^∀^)