電話応対の特訓

2013.03.28

司会「デツ子」とモーデックのメンバーのトークコーナーをお楽しみください。

【司会】デラックスデツ子 ・・・ 電話取次はお手のモノ。別人の声色に!?

【今月のゲスト】C3PO ・・・ 「チーズ&ピーチ」に引き続き登場。新人。電話応対の特訓中。

-------------------------------------------------------------

ルールル ルルル ルールルゥ~♪(開始のテーマソング)

デツ子:
デツ子でございます。みなさまごきげんよろしゅうございます (^-^*)/
『デツ子の部屋』第五回でございます。
今回のゲストは、緊張しまくりキャラの、C3POさんです。

C3PO:
ヨ、ヨロシクオネガ、イ、シマス 、ヽ`(~д~*)、ヽ(緊張のため、ロボット口調)

デツ子:
C3PO君は、この1ヶ月間、電話応対の特訓を受けてたのよね?
どうですか?上達しましたか?

C3PO:
はい、電話がなると、いつも以上に緊張してしまいますが、
少しは上手くなったように思います ヽ(^◇^*)/

デツ子:
それはよかったわね。そういうのは「慣れ」だから ヾ(^o^ )
場数を踏めば、どんどん熟練度も上がっていくのよ。

C3PO:
はい。頑張ります。でも、対応に悩む電話もたくさんあって、困ることも。。。 (-_-)ウーム

デツ子:
電話は、相手が見えないから、難しいわよね。
でも、練習すれば対応レベルも上がるから (*^-^*)

C3PO:
はい、早く電話応対の熟練度を上げて、自分自身レベルアップしたいです。

カズノコおじさん:
ん?熟練度?レベルアップぅ・・・? (!!) あ、アレね (^▽^)/

C3PO:
?? 何のことでしょう? (´ヘ`;)??

カズノコおじさん:
C3PO君もやってるの、アレ?すれ違って、いろいろもらったりするアレよ。

C3PO:
ハ、ハァ・・・?

デツ子:
出たよ、カズノコ親父 ┐('~`;)┌
どうして毎回毎回、自分勝手に勘違いして割り込んでくるんですかー?
今は、ドラクエの話してんじゃないですヨっ!

カズノコ:
な~んだ、違うのか。石板もらおうと思ったのに ( ̄ε ̄)

C3PO:
カズノコさん、お仕事忙しいのにゲームを楽しむ時間もあるんですね。スゴイなあ。
尊敬するなぁぁ (´∀`)

デツ子:
あのね、そこ、尊敬するとこじゃないからっ!
てゆうか、カズノコさん、会社ですれ違い石板をおねだりするのは止めてくださいね \(*`∧´)/

カズノコ:
やっぱダメか。。。(T・T)
ララララーラーラーラーラァーラー♪ ラーラララァ~♪(終了のテーマソング)