小磯 直也
小磯 直也
1970
  • 日本原子力事業(株)(現:(株)東芝)総合研究所に入社。放射線測定機器の研究・開発に従事。
1982
  • ソニーテクトロニクス(株)(現:日本テクトロニクス(株))入社。波形観測、解析装置の開発に従事
1990
  • カスケード・マイクロテック(株)に営業部長として入社。
1996
  • カスケード・マイクロテック 日本法人 代表取締役に就任。
  • 同期間、カスケード・マイクロテック社日本法人の営業、技術、サービス業務の総責任者として高周波プローブ、半導体測定用プローバーの日本国内への販売を大幅に拡大させた。
  • 日本国内向け製品を米国本社と開発し、開発に成功、その後世界市場へも販売。2002年に1年間アメリカ本社で米国および欧州大手半導体メーカー向け販売促進計画を策定し、実行を担当。
2005
  • 有限会社 エス・アイ技術研究所を設立し、電子計測および半導体試験装置に関する技術コンサルティング業務を提供する。代表取締役および開発担当を兼務 被測定素子に対して高周波プローブを3次元方向からの接触が出来る「全方位高周波プローバー」を自社開発、大手半導体メーカー数社の研究開発部門に採用される。
  • 各種高周波測定治具を設計製作し国立大学、研究機関へ納入
  • プローブカード高周波特性測定システムを設計製作し大手装置メーカーへ納入
2013
  • 「全方位高周波プローバ―」の営業・販売を(株)モーデックに委託開始。同時に同社のシニア技術コンサルタントに就任
専門分野
  • アナログ電子回路の設計
  • 半導体、電子部品の検査、試験装置の開発設計
  • 電子検査装置用各種プローブの研究開発
所属学会
  • エレクトロニクス実装学会
モットー

すべての発明は一つの疑問から